短期間で電験3種に合格する方法

〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜

  



電験3種は実は短期間で合格できるのです。


電験3種は電気の仕事に携わる人にとっては、まさに憧れの資格です。

一般に電験3種に合格しようと思ったら、
20〜30代の頭の冴えている年代でさえ
毎日数時間の勉強を2〜3年続けてやっと合格できるかどうかといった
難関中の難関の資格と思われています。
 
しかし、それはある意味真実であり、また真実ではありません。
 
何を言いたいのかと申しますと、
要は勉強法しだいで難関にもなるし簡単にもなるということなのです。


電験3種の合格率はわずか10%前後・・


合格率10パーセント前後という事実を考えてみますと、
ほとんどの方が勉強法が分からずに、
ただひたすら日々参考書とにらめっこし、
問題集を解き時間を無駄にし続けているのです。
 
あるいは、何十万円もするセミナーや講習会に参加し、
お金をひたすらどぶに捨て続けています。
 
常識的に考えれば、
2〜3日の講習で合格できるほど甘い資格でないことは
ちょっと冷静になって考えれば分かることなのですが、
皆さん変に何かを期待してしまうようです。
 
ひょっとして、試験問題の1部が漏洩しているかも(笑)
なんて、ありもしない妄想を、講習費用が高ければ高いほど期待してしまうのですね。


電験3種にたった1冊の問題集を使って一発合格!


実は電験3種にたった1冊の問題集を使って一発合格した方法があります。
 
しかも学習期間は4ヶ月ほどです。
 
たぶん信じられないと思います。
 
過去に一度でも電験3種を受験したことがある人であればなおさら、信じられないと思います。
 
でも、本当なんです。

そのノウハウを今回みなさんにご紹介したいと思います。


一発合格のための勉強法と戦略


それではなぜ電験3種にあっさり一発合格合格できたかを説明させていただきますね。
 
一言でいえば、勉強法と戦略なんです。
 
一度でも電験3種を受験された方は分かると思いますが、電験3種用の参考書ってものすごいボリュームですよね。
 
理論、電力、機械、法規と各科目ごとに分冊になっていて、その1冊ごとが持つだけで手が疲れてしまうほどの重さ。
 
これを1ページ目からコツコツと根気よく.....
その後、問題集を使って、各科目ごとに力試しをして.....
念のために過去問も解いて.....
 
これが、今まで皆さんがやられてきた勉強法だと思います。
 
しかし、このやり方だと時間がいくらあっても足りませんし、まず合格できません。
 
というか、たいていの人は参考書をすべてやり遂げる前に挫折してしまうでしょう。
 
そこで一発合格のための勉強法と戦略ですが参考書は一切使いません。

いきなり問題集を使います。
 
しかも、たった1冊。
 
ただ、問題集なら何でもいいというわけではないんです。

ある条件にあった問題集を使わなければまったく効果ありません。
 
そして、この問題集を人間の記憶のメカニズムに基づいた勉強方法を使って解いていくのです。


>>>短期間で電験3種に合格する方法

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。